自己細胞が鍵を握る|アンチエイジングを意識して美人に早変わり

肌年齢が若返る

美容整形

アンチエイジング方法は沢山ありますので、口コミを参考にして、自分に合う方法を見つけて長く続けていきましょう。食べ物に気を付ける、ヨガをしてみるなど多数の方法がありますが、自分に合うものを探し出すことが大切です。

More Detail

自己細胞で若さを取り戻す

鏡を見る女性

再生医療に着目

美容整形によるアンチエイジングには、比較的簡単なものから高度な技術と最新の研究成果を駆使したものまでさまざまな種類やレベルの施術法があります。その中でも、近年特に話題性が高いものとして挙げられるのが再生医療によるアンチエイジング治療です。再生医療はもともと病気や怪我などで自己の体の一部を失った患者のために研究開発されたものですが、研究が進むにつれて美容整形の分野でも大いに役立てられるようになってきました。その結果、以前は非常に高額であった再生医療によるアンチエイジング治療も、少しずつ患者にとって利用しやすい価格へとなりつつあります。そのため、これからアンチエイジング治療を受けたいと希望する人には、選択肢のひとつとして再生医療による方法を検討してみることをおすすめします。再生医療によるアンチエイジング治療では、ヒアルロン酸やボトックス、あるいはポリアミドなどの成分を注入するのではなく、患者自身の細胞を使ったアンチエイジング治療を行います。というのも、肌の新陳代謝は細胞が自己の情報をコピーして行う細胞分裂によっていますが、老化した細胞ではそのもともとの情報が劣化してしまっているため、細胞レベルで働きかけなくては本当のアンチエイジング治療とは呼べないためです。ただし、再生医療によるアンチエイジング治療には、肌細胞そのものを使う方法や血小板を使う方法などいくつかの種類があります。このうち血小板を使った再生医療の場合には、クリニックによって成長因子をさらに添加するという方針のところもあります。この方法では人によっては肌に起伏が生じるなどの副作用の出ることがあるので、事前にクリニックによく確認しておくことが大切です。

肌細胞と血小板

再生医療によるアンチエイジング治療が人気を得ている理由は、自分自身の細胞が使えるので安全性が高いということです。ヒアルロン酸も天然の成分とよくいわれますが、確かに人体にヒアルロン酸は存在しているもののアンチエイジング治療に用いられるのは自分自身の体から抽出したヒアルロン酸というわけではありません。施術にはヒアルロン酸製剤が使われます。ヒアルロン酸注入の仕方に不適切なところがあるとしこりが残ってしまうトラブルが起こるのは、ここに原因があります。一方、再生医療にもとづくアンチエイジング治療の場合には、肌細胞にせよ血小板にせよ患者本人の体から取りだした細胞なので、しこりができたりすることはありません。肌細胞を培養して用いるアンチエイジング治療は、耳の後ろの部分から採取した細胞をひと月程度培養して注入するというものです。細胞を耳の後ろから採取するのは、紫外線などの刺激による影響を受けにくいのが耳の後ろの皮膚だからです。そのため、ここから採取した細胞は顔の細胞に比べてずっと若いといえます。その若い細胞を増殖して注入するので、顔に自分の若い細胞が定着することによって若返りをはかることができるのです。血小板を使う方法の場合は、血液を採取してその中から血小板だけを分離して利用します。血小板には肌の細胞を活性化させる力があるためです。ただし血小板を使ったアンチエイジング治療の場合は、肌細胞を増殖して注入する方法に比べると効果の持続の点でやや劣るといわれています。自己細胞が鍵を握ると言えるでしょう。

若く見られたいなら

案内

コツコツと毎日スキンケアをすることも大事ですが、アンチエイジング治療すれば短期間で若返ります。手軽に受けられる注射や美容点滴などを中心に人気です。駅の近くに美容クリニックがあることが多くなり、ますます利用しやすくなっています。

More Detail

若々しい姿で過ごすために

顔に触れる女の人

美容整形外科では、老化現象を解消するためのアンチエイジング治療がおこなわれています。具体的には、フルーツ酸やレーザーを使ったシミの除去や、フェイスリフトによるシワの除去です。また、成長因子を与えることで新しい肌細胞を増やすという治療もおこなわれています。これらにより、若々しさを保つ人は増えています。

More Detail